2011年03月10日

グレイシア




街中はアスファルトで染まる
一輪の花も咲けやしない
生き急ぐ彼らは無意識
見えない 見えない 見えない

排気ガス浴び続けてヒトリ
次第に朽ちてゆくこの体
雨粒だけが些細な勇気、くれる 

華やいだこの世界は今も
忙しなく時が過ぎてゆく
誰かの目に映れるように
精一杯の笑顔を振りまくんだ

いつしか壮大に美しく咲き誇る夢を
見えない地平線の先に抱く
永遠の命なんてどこにもないけれど
叶わない願い 見届けに行こう


真夜中の午前2時過ぎの
有限を知らない星空に
“私を遠くまで連れてって”と
願う 願う 願う

揺らめいたこの手に掴んだ
希望なんてものはもう枯れ果てて
月の光が遮られた
そこにいる、
誰なの 誰なの 誰なの


 「歪んだ君の目の先には僕の顔があるだろう?
  誰かの記憶に残るように君に名前をつけよう

  美しく咲き誇る花とは決して言えないけど
  儚く強く根付いている君に名前をあげよう

  グレイシア

  いつまでもこの夢希望ない世界を
  路上の片隅で照らしてくれ
  永遠に君の願いは叶わないけれど
  ここにいて 優美に咲いてくれ」


グレイシア

私に居場所を与えてくれた
愛も希望も夢も全部、全部
その名前に込められていて
永遠の命なんてどこにもないけれど
明日の光を 見届けに行こう

---------------------------------

ポケモンはよくやってたんですけど。

●昔から「grace」って単語が好きです。
amazing graceとか、ELTのgraceful world、Dragon AshのCanvasって曲の歌詞"Walk in grace"。
優美な、美しいとかまあそんなニュアンスの単語です。
で、じゃあ僕もそんな曲を作ろうと思った時に浮かんだのがポケモンのグレイシアです。
この場合は「glace」氷河の、とか(砂糖を)まぶしたとか、氷っぽい意味合いになるんで、じゃあもう自分で単語作って花の名前にしたらマァ素敵!ってなるんじゃねと思って「Graceer」っていう綴りにしてます脳内で。

●ということで、架空の花の話、もとい名前のない雑草の話です。
今からおまえは「グレイシア」だ!的な。
個人的にはシロツメグサみたいな花を想定してます。ああろまんちっく(白目

●innovator-earthってコンピアルバムに収録されてます。
動画やってくださったke-sanβさん主催のアルバムです。
タイトルの通り地球がテーマです。みなさんちゃんと地球の曲なんですけど・・・
ちょっと地球を大義的に捉えすぎましたまあ大丈夫でしょうハハハ

●まちのさんの絵が超絶かわいいです。萌え死ぬ。
あとけーさんの動画の文字が好きです。特に3拍子のとこで縦書き!
本当にありがとうございました(´;ω;`)

●とりあえず今日は作業しますぁぁぁ

あ、みくの日でしたね




posted by KulfiQ at 00:01| Comment(9) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする