2010年12月31日

春花秋橙



ぐるぐる回る 季節は巡る
僕と君は変わらないまま
手探りだけど 進んだ道が
今日も明日も続きますように

走るのが苦手で
砂場で城を作る
この中では王様だと
誇らしげに笑う

押入れにしまった
スケッチブック開いて
書き綴った夢の軌跡を
思い浮かべ嘲笑う

いつの間にか知らぬうちに
僕と君は大人だった
泥だらけの両手二度と
汚れることなかった

ふとこの眼を広げてみた
もう世界は狭くなった
どれだけ離れても
すぐに逢えるさ

春は花咲き 街は色づく
秋は一面にオレンジ色
暑くはなくて 寒くもなくて
時間がただ緩やかに流れる


一番星、見つけた
夜空はずっと一緒だった

あの星まで届くように
願い事をしてみる 
僕ら二人これからも 
ずっと変わらないように

季節が幾度巡れども
月が満ち欠けしても
何度でも朝はすぐ訪れる  

君には花を 僕には愛を
灯火を今心に点けて
明日の光は見えないけれど
それがあればきっと大丈夫


ぐるぐる回る 世界は終わる
僕と君は変わらないけど
手探りのまま進んだ道が
間違いないと胸張れるように

春夏秋冬 季節は巡る
幼い記憶を残したまま
輪廻転生 僕らは回る
いつかまた来世で会えるように

-----------------------------

アコースティックな感じです。
実家に帰って、新しく買ったコンデンサマイクを床に置いて(スタンドない)、使い方もよく知らんのに録音作業にはいりました。アコギとブルースハープ録音しました。ハープは、もう、吹くのが6年ぶりとかそれくらいだったんで、口の筋肉がダレきってへとへとでした。なので音がヨレてるのは仕様です(白目

サビのメロディは僕が高校の時に作ったのをそのまま引用しました。いやあ当時は◯ずとか◯9とか流行っててですね、アコギ+ハープってのがかっこ良かったんですよね・・・ミーハーな僕のアコギは1◯に習ってオベーションです。
ちなみに作曲当時のタイトルは「回転木馬」でした。歌詞が「ぐるぐるまわる回転木馬」だった気が。基本的な主題は一緒ですね。

春花秋橙っていうタイトルは、名古屋の栄歩いてる時に目に入った飲み屋の名前です。そん時にあまりにも衝撃うけて、すぐに携帯にメモった記憶があります。ちなみにその店には行ってませんw今度行くか。
posted by KulfiQ at 05:05| Comment(8) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。